ハイヤードライバーはしっかり稼げる仕事なので人気!

ハイヤードライバーは稼げる仕事といわれています。在籍している会社によって年収には違いがあると思いますが、名の知れたところであれば初年度から年収400万円台を超えています。タクシードライバーの平均年収が355万円であるため、初年度からこの年収はかなり高いと思われます。これは、大卒の平均年収が325万円であるため、こちらと比べても年収が高いといえます。

世間で「ハイヤードライバーは稼げる」といわれるのも本当のことであり、初年度でこのくらいの年収であるため、昇給を考えれば順調に年収を上げることができます。役職が付けば、それに応じた手当や基本給アップもあるはずなので、一般的にハイヤードライバーはしっかり稼げる仕事です。最近では大卒新卒採用も女性が増えているため、女性がしっかり稼げる仕事ともいえるでしょう。しかし、初年度からこれだけ稼げるのであれば、仕事内容がかなり厳しいのではという不安も出てくるはずです。

仕事が大変もしくは厳しいというのは、それぞれの価値観によっても大きく左右されることであるため、一概に「大変」「厳しい」とはいえないところがあります。ただ、どのような仕事であっても報酬を得るため、年収が低いから楽な仕事とはいえないところがあります。また、自分に合っている仕事だと思えばそこまで大変とは思わないでしょう。しかし、平均以上の年収を得ることができる仕事の多くは、背負っているものが大きい印象はあります。ハイヤードライバーであればお客様の命を預かっているともいえます。送迎する仕事であるため、大きな事故に遭ってしまうと怪我や最悪の場合亡くなる可能性もゼロではありません。このように年収が高い仕事に共通していることは、間接的に命を預かる仕事であったり、なんらかのノルマ的なものが課されている仕事であったりするケースが多いです。緊張感のある仕事ともいえるでしょう。

さらに、入社してから流されるままに仕事をしているだけではダメで、確実にスキルアップしていかなければならない仕事が多いでしょう。ハイヤードライバーでいえば、外国語のスキルを上げる、最初は空港送迎がほとんどだったけど、観光ハイヤーや社用車ドライバーとしても活躍しなければならない。送迎という仕事は同じであっても、観光や社用車となると求められるスキルもさらに高いものが必要です。観光地についてお客様に分かりやすく案内しなければなりませんし、ビジネスマナーについても社用車の場合は高いレベルのものを求められます。