ハイヤードライバーの研修は大変ですか?

ハイヤードライバーといえば、高級車を運転していることや、接客スキルの高いこと、同時に英会話などをスムーズに話せることなどがあるため、研修内容もかなり厳しいのではと思われます。実際には研修制度は徹底されており、入社してすぐに行われる研修もありますし、仕事が慣れてから行われる研修もあります。研修についてはそれぞれの会社によってどのくらいの頻度で行われるのかなどは違いがあるでしょう。とはいえ、ドライバーのスキルアップやお客様の満足度を上げていくには研修は必要です。

ハイヤー会社の研修については、運転技術に関する研修と講義を受けるような形で行われる研修があります。どちらの研修も大事なものですが、運転技術については安全面を考慮して行われるものであり、教材として車両に付いているドライブレコーダーが使用されることもあります。ドライバーの普段の仕事が録画されたものですが、ときにはヒヤッとする場面が録画されていることもあります。こちらが問題のない運転をしていても、道路に出れば危ない運転をする人もいるでしょう。ドライブレコーダーには教材となるような事例が録画されているので、使われることがあるのです。ドライバー全員で情報を共有し、危険な運転の一例を学ぶことによって、普段の運転に参考になることもあるでしょう。

このほかの運転研修として、実際に研修用に作られたコースに出て運転をすることもあります。この場合は研修施設のプロの指導員に任せて行われるものであり、難易度の高い運転コースを走ることになります。

座学的な研修は、ビジネスマナーや語学研修が中心となることが多いようです。ハイヤードライバーのスキルはそれぞれ違っており、なかには中途採用で畑違いのところから転職してくる方もいます。そのような人はビジネスマナーを本格的に受講したことがない場合もあるため、研修の重要度が違います。また、ビジネスマナーとは1日2日で身に付けられるものではありません。言葉使いはもちろん、所作にもマナーを心得ているかが現れます。意外と所作は見られているものなので、普段から気を付けておくことが必要です。

語学研修については、ドライバーの能力の差が出やすいところであり、外国語を2か国語話せるようなドライバーもいます。まだまだ自分の語学力が足りないという場合は語学研修を利用してスキルアップをしていくことが必要でしょう。ハイヤードライバーは向上心がなければ勤まらない職業です。