ハイヤーが事故防止のために行っていること

ハイヤー会社が一番恐れているのは「事故」と言えます。もちろん、事故以外にもあらゆるトラブルや起きて欲しくないことがあるとはいえ、事故となると命に関わるので、それは真っ先に防止しなければならないでしょう。お客様を安全に目的地まで届けることがハイヤー業務の基本であり、その基本となる点が脅かされてしまうことはできるだけ避けなければなりません。ただ、会社側から事故を起こさなくても、相手がいることなので運悪く巻き込まれてしまうことはあります。プライベートでも事故に遭ったことがあるという人は多いですし、日本では年間3,500人程度が交通事故で亡くなっています。交通事故そのものは、40万件以上起きており、車に乗る機会がある人にとって自分には関係ないことではありません。

ハイヤーが事故防止のために行っていることはいくつかあります。ドライバーは基本に立ち返り、安全第一に運転することが求められています。これらのことは頻繁に行われる研修でも毎回のように伝えられることです。運転技術の向上のために、実際に難易度の高い状況で車を運転するような研修も行われています。車両は、基本的に高級車が採用されているので、標準装備で安全性能に寄与するものが付いています。エアバッグはもちろんのこと、被害軽減ブレーキや車線逸脱抑制など車両の種類によって違いますが、予防安全のために付いているようです。 このような予防安全に寄与するものが付いているのと付いていないのとでは大違いです。また、もともと高級車はボディが頑丈にできているため、衝突した際の衝撃も軽減されるでしょう。

近年では、ドライブレコーダーをすべての車両に付けており、実際に事故などが起きてしまったときの証拠としても提出することができます。さらに、ドライバーが自身の運転を振り返り反省するためにも利用されています。さらにオプションとして、ジオタブという運転の状況をリアルタイムで運行管理者に通知される仕組みが導入されています。これはGPS機能で車両の位置も把握できるので、迂回ルートがわかるというものです。安全面だけではなく、効率的な業務にも欠かせないものです。何よりも事故をこちらから起こさないことが大事であり、そのためにはドライバーは健康面やメンタルヘルスに関しても自己管理して自制することも必要です。もし不調であれば、すぐに上司などに伝えることが大切であり、そのような報告しやすい関係をつくることがハイヤーを利用するお客様を安全に送迎することにもつながっているのでしょう。