ハイヤーは外国人に選ばれる移動手段

ハイヤー会社によっては、お客様の半数以上が外国人である会社もあるくらい、ハイヤーと外国人は切っても切れない関係があります。来日する外国人の多くは、ビジネスか観光が理由であり、その多くが富裕層となっています。そのため、来日して空港からホテルもしくは企業への移動はハイヤーを利用することが一般的です。もちろん、ハイヤーの接客スキルや運転技術などを信用してともいえるでしょう。

なかには、来日したとはいえ、日本語がまったく話せない外国人もいます。今はスマホがあればどうにかなるともいえますが、それでも言葉が通じない可能性があるので不安に思うはずです。私たちも旅行の際に、その国の言葉を話すことができないのであればとても不安になりますし、何らかの保険になるものを考えます。それが翻訳機能や現地のガイドとなるわけですが、空港からの移動に関してはドライバーが母国語を話すことができるだけで心強いものです。

このような経緯もあり、外国人はハイヤーを利用するとも考えられます。なかには日本人と変わらないくらい日本語が堪能な外国人もいますが、公共交通機関を利用できそうな人であってもやはりハイヤーが人気だそうです。一度利用すれば、その居心地のよさと安心感はほかとは比べ物になりません。また、空港からの移動の際に観光ハイヤーとして利用される外国人もいます。日本で観光する場合、日帰りツアーなどがありますが、その多くは日本人向けとなっており、日本語対応です。しかし、ハイヤーの場合は貸し切りであり、専属の添乗員として母国語で対応してくれることから喜ばれています。

最近は来日してからの観光はすべてハイヤーに任せたいというファミリーも増えてきました。連続3日添乗員を務めることもあるようです。旅行の際に言葉が通じるうえに、自分たちの専族の添乗員がいるだけで、安心して楽しめる観光になることはいうまでもありません。誰かに気兼ねすることもありませんし、日本の文化に触れたい、アニメが好きで秋葉原にいきたいというような希望もしっかり叶えてくれます。近年増えているのはアニメ好きな外国人のお客様が多いことだそうです。好きなアニメがあっても、海外にいるとそれらのグッズを購入するのも一苦労だそうで、実際に日本でグッズを大人買いするようなケースも見られます。何はともあれ、外国人に日本の文化が浸透し、喜ばれていることは嬉しいことです。これからもあらゆる地域の外国人がハイヤーを利用することでしょう。